【チョコレートを食べるだけで美しく】5つの美容効果と効果的な食べ方

f:id:michelangelo2010bj:20171009101732j:plain

 

ストレスや疲れが溜まった時や疲れた時に、無性にチョコレートが食べたくなることはありませんか?あの味と口どけに心から癒されて、ほっとしますよね。

 

つい美味しくて食べ過ぎてしまうチョコレートには、体と美容に良い効果があるのです。チョコレートの効果と効果的な食べ方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

チョコレートの美容効果

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、老化の原因である活性酸素を除去する効果があります。そのカカオポリフェノールには、満腹中枢を刺激する作用もあるので、小腹がすいた時に食べると空腹をごまかすことが出来きるためダイエットには最適です。

 

またチョコレートに含まれているフラボノイドには、皮膚の血行を良くする効果があるので、強い日差しを浴びても紫外線のダメージを受けにくいという効果もあります。

 

そしてミネラルも豊富に含まれていますので、体に残った余分な塩分を排出する効果も高いのです。

 

チョコレートは体脂肪にも効く

チョコレートには、エピカテキンという成分が含まれています。

 

そのエピカテキンには筋肉の成長を促す効果が期待されており、ダイエットの手助けをしてくれます。ランニングやウォーキングなどの有酸素運動には特に効果があります。

 

チョコレートには腸を活性させる効果がある

チョコレートには、ポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールには腸を活性させる働きがあり、腸内環境を改善する働きがあるため便秘に効果があります。

 

またカカオには食物繊維が豊富に含まれているため、体に溜まった腸内の老廃物や腸壁についた汚れまでも、すっきり綺麗に取り除いてくれる効果があるのです。

 

また苦味の成分であるテオブロミンは、血流を良くするので女性の冷え性にも効果があります。

 

ストレスの緩和

チョコレートにはテオプロミンという成分があり、そのテオプロミンには神経を沈静化させる効果があります。またカカオとポリフェノールには、精神的なストレスに対しての抵抗力を強める作用もあるのです。

 

脳の活性化

チョコレートに含まれるテオブロミンには、大脳を刺激しやる気を出す成分があると言われています。

 

そしてチョコレートを疲れた時に食べると良いと言われているのは、脳のエネルギー源となるブドウ糖を補給するのにも即効果があるからなのです。

 

効果的な食べ方

カカオ分の高いチョコレート

ミルクチョコレートやカカオの割合が少ないものは、甘くて美味しいですが糖分も多く含まれていて、そのためニキビや吹き出物の原因になってしまいます。またダイエットにも悪影響を与えてしまいます。

 

カカオ分の多いチョコレートで、70%以上のチョコレートが理想です

食事の前後1時間、また1日4・5回小分けにして

血糖値・抗酸化作用のピークは、食後1時間前後と言われています。

 

なので、その時間帯にチョコレートを食べると効果的です。またポリフェノールは約3時間で体の外に排出されます。そのため3時間ごとに摂取するのが理想的です。

 

高カカオのチョコレート1粒を1日4・5回に分けて食べるのが理想的です。

 

まとめ

チョコレートは美味しくて、一度食べだすとつい習慣になってしまいますよね。ですが糖分が高いものだとあっという間に太ってしまいます。

 

出来ればカカオ分の多いチョコレートであれば、体にも美容にも良いのです。同じ食べてリラックスするのであれば、カカオ分の多いチョコレートをおすすめします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク