猫の寝る位置でわかる!【あなたへの信頼度】好かれているの?

f:id:michelangelo2010bj:20170927201820j:plain

 

猫は1日のうちほとんどを寝て過ごしています。

 

そして夜になると飼い主と一緒に寝る猫と寝ない猫がいます。一緒に寝る場合、猫の寝る場所で飼い主への信頼度が分かるといわれていますが・・・

 

スポンサーリンク

 

猫の寝る位置でわかる、あなたへの信頼度

一緒の布団で寝ている場合

一緒の布団で寝るというだけで、猫はあなたを信頼しています。

 

もともと猫は外敵から自分の身をまもるために、安心出来る場所でしか寝ない生き物です。その猫が無防備な時間をあなたと一緒に過ごすということは、心から安心しきっている証拠です。

 

そしてそれぞれの場所で、さらにあなたへの信頼度がわかります。

 

枕もと

飼い主の顔の近くで寝るということは、飼い主の事が好きで甘えたいと思っています。

 

子猫時代に猫は、母猫や兄弟と寄り添って眠ります。それはくっつく事によって得られる最高の安心の時間です。この行為を成猫になっても行うのは、あなたを心から信頼して、母猫のようにしたっている気持ちの表れです。

 

わきの下

この場所も枕元と同様に、信頼している気持ちが表れている場所です。

 

この時猫はあなたにおしりを向けて寝ていると思います。「これはあなたの方を見たくない」なんて意味じゃありません。

 

この猫が「おしりを向けて寝る」のは、相手を「信頼している証」なのです。なぜなら猫は後ろから襲われたら逃げることが出来ません。だから子猫は親猫に背中を任せることによって安心して眠ることが出来るのです。

 

飼い主に対して親猫に対する気持ちと同じ安心感を感じている証拠なのです。

 

胸やお腹の上

猫は高い所が好きな動物です。そして暖かい所が好きなので、飼い主のお腹の上は居心地が良くて暖かいのだと思います。

 

また子猫の頃に、母猫や兄弟の体の上に乗って甘えていた頃の名残があるのでしょう。

 

足もと

信頼はしていますが、少し気がかりなことがあります。そばにいたいけど、さわられたくはない・・なにかあれば違う場所に行こうかな・・こんな猫の心理が見える場所です。

 

ごはんをもらえるチャンスがあればすぐに動ける場所にいよう・・こんなことを考えていることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

飼い主と寝る猫とは

一緒に寝る猫は、子猫時代の気分が抜けていないからです。

 

子猫の時に母猫や兄弟がいつもそばにいた・・そんな懐かしい気持ちが、いつまでも寝るときに飼い主にくっつくという形に表れています。その時にはたいてい前足で布団をモミモミしています。

 

このモミモミという行為も、子猫の頃に母猫の母乳の出が良くなるようにおこなっていた行為のです。これらをおこなうのはいつまでも子猫の気分が抜けなくて、あなたのことを心から信頼している猫なのです。

 

飼い主と寝ない猫とは

猫は季節によって快適な場所を変えることもあります。飼い主にとっては『一緒に寝たいけど、寝てくれない。信頼してくれないのかな・・』と不安になります。

 

ですが普段服を脱いだまま床に置いておいたら、猫が座っていたということはありませんか?これは飼い主のにおいがして、猫にとって安心出来る場所だと思っているからです。

 

また今まで一緒に寝る気配がなかったのに、突然一緒に寝るようになる場合があります。

 

それは私の猫で、うちに来て7年ぐらいたったある日、私が風邪で寝込んでいると突然一緒に寝るようになりました。そんなケースがあるので、まだまだあきらめないで下さい。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク