一泊二日旅行の持ち物【女性必須の旅のリスト】(基本的な持ち物編)

f:id:michelangelo2010bj:20171010210236j:plain

これからの旅行、今から楽しみですよね!旅行に行くには、まず旅行の準備をしなければなりません。

 

いろんな場所やシチュエーションで、準備や持ち物は変わります。

 

今回は完璧な準備を!と思いながらも、当日忘れている事もあります。

 

旅行の準備リストを紹介します。(ご自分の旅行に必要なものを追加し、忘れ物のないように準備して下さいね。)

 

スポンサーリンク

どんな時期に誰と行っても変わらない持ち物の用意

  • 現金
  • クレジットカード
  • 免許証
  • 健康保険証
  • 航空券・乗車券、ETCカード

とりあえず国内なら、お金とカード・健康保険証さえ持っていれば問題なしです。

 

健康保険証は万が一に備えて、必ず持って行きましょう。

 

  • 携帯電話と充電器
  • カメラ(充電しているか確認)
  • 風邪薬、鎮痛剤、胃薬などの常備薬
  • 絆創膏、酔いどめ

 

薬は体調が悪くなってから現地で探しまわるのは大変なので、事前に必ず用意します。

  • 薄手のタオル、ハンカチ、ティッシュ
  • メイク道具
  • クレンジング、石鹸、化粧水、美容液、クリーム等

 

基礎化粧品は、小分けにする派とサンプル派に分かれると思います。

 

肌が弱い方は普段使用していないものをいつとも違う環境で使うのは、肌荒れの原因になることがあります。

 

いつも使っているもののサンプルか、小分けをおすすめします。

 

f:id:michelangelo2010bj:20171010210129j:plain

 

  • 日焼け止め
  • くるくるドライヤー(荷物は重くなりますが必要な方は)
  • メガネ、コンタクトレンズ(使い捨てなら1枚余分に)
  • 洋服(着替え)
  • 下着、靴下など
  • 観光用などのサブバッグ
  • ハンカチ、ティッシュ、ビニール袋
  • 生理用品
  • リラックスウェア

 

くるくるドライヤーは、くせ毛の人には是非おすすめします。特に温泉旅行や、大量の汗をかく夏には必須アイテムです。

パナソニック くるくるドライヤー 「ナノケア」(650W)  EH?KN79?W 白(送料無料)

10110円

パナソニック Panasonic ≪国内・海外兼用≫ くるくるドライヤー 「ZIGZAG」(700W/500W) EH-KA60-K 黒[EHKA60]

3056円

カールドライヤー マイナスイオン コイズミ KHC-5303/P | 送料無料 カーリングドライヤー ロールブラシ くるくるドライヤー カール ピンク プレゼント KHC5303P

2980円

 

案外忘れがちなのが、観光用のサブバッグです。これがあればちょっとした散歩や食べ歩き、湯めぐりの時の貴重品入れと大活躍です。

 

そして生理用品は、現地のコンビニでも問題はありません。ですが人口の少ない場所になると種類も大きさも販売されているものが限られますので注意が必要です。

 

夏の旅行に追加するもの

f:id:michelangelo2010bj:20171013080220j:plain

 

夏は外は暑いですが、体調によっては室内や乗り物の中はエアコンが効きすぎて寒いと感じることもあります。

 

カーディガン、ストール

寒がりの方は必須です。綿かシルクの素材が良いです。夏はどうしても日焼けによって肌が敏感になりますので、肌ざわりの良いものがおすすめです。

 

日傘、帽子

夏の紫外線はものすごく強いです。すでに真夏に散々紫外線を浴びた肌は、とても疲れて繊細になっています。日焼け止めをこまめに塗って、帽子か日傘でさらに日差しを防ぐと、秋に後悔しません。

 

スポンサーリンク

 

冬の旅行に追加するもの

f:id:michelangelo2010bj:20171014210056j:plain

ストール、手袋

ストールは、乗り物の時などひざにかけておいたり、肩にかけたりと大変便利です。

 

冬はコートが暗めの色合いの場合が多いので、ストールを自分の顔がキレイに見える色を選んでおくと、旅行の写真を後で見た時に、顔が若くキレイに見えるのでおすすめです。

 

カーディガン、靴下

冬は温泉に行く事も多いと思います。

 

冷え性の方は、宿の中で過ごす時にあると役立ちます。真冬になると日本旅館は寒い場合が多いです。

 

万全に用意して楽しいお出かけを!

f:id:michelangelo2010bj:20171013080318j:plain

 

現地調達という考え方もありますが、せっかくの旅行を必要なもの探しに時間を使うのはもったいないですよね。最低限の物を用意して、心から楽しめる旅行にしましょう。

 

スポンサーリンク