日焼け止めの方法は【パウダーファンデを塗るだけ】簡単対策

f:id:michelangelo2010bj:20171027230242j:plain

日焼け対策はしっかりしているでしょうか?

気がついたらいつの間にか出来ているシミ。それは日焼けによって日々の積み重ねの紫外線が影響して出来ているのです。

スポンサーリンク




日焼け対策には、パウダーファンデーションがおすすめです

f:id:michelangelo2010bj:20171027230431j:plain

リキッド・クリームよりもパウダーファンデーション

今はツヤ肌がトレンドです。最近の流行りツヤ肌を作るには、リキッドファンデーションやクリームファンデーションが欠かせません。ですがそれらのファンデーションよりも、パウダーファンデーションの方が日焼け止め対策の意味でははるかに効果があるのです。

なぜならパウダーファンデーションに比べると顔料の密度が少ないので、日焼け止め防止効果が劣るからです。

パウダーファンデーションは、粉の成分が紫外線を跳ね返す日焼け止めと同様の効果を発揮します。そして日焼け止めとパウダーファンデーションを両方つけることによって、日焼け止め効果が強力になります。

正しい日焼け止め方法

まずは洗顔後に化粧水をつけて、肌の調子を整えましょう。そしてセラミド配合の美容液などを使って保湿をしっかりと行います。

美容液がしっかりと肌になじんだ後は、クリームで蓋をします。クリームを塗る量は、少なめに重ねます。ですが鼻の周りなどは、皮脂が多く崩れやすいのでクリームを塗らずにおきましょう。

その後しばらくは美容液やクリームが、自分の皮脂と自然に混ざるまではそのまま10分ほど待ちます。そして日焼け止めを顔全体に塗りましょう。

顔全体に塗った後は、頬骨の上に再度重ねづけをします。なぜなら紫外線によるシミは、頬骨の辺りに多く出来やすいからです。

その後パウダーファンデーションを塗りましょう。その時も頬骨のあたりはしっかりとです。

日焼け止めの適量

日焼け止めは適量を塗らないと効果は得られません。

適量は顔全体に塗る量は

  • 乳液タイプの場合は500円玉程度
  • クリームタイプの場合は真珠の粒2個分

メイク直しの方法

どうしても時間が経つとメイクが崩れます。まずはその時に出る皮脂をあぶらとり紙で抑えましょう。 皮脂を放置したままにしておくと、酸化して肌に悪影響です。

そしてメイクが落ちた部分に、フェイスパウダーをつけます。またしっかりと汗をかいた場合は、再度日焼け止めを塗って、その上からファンデーションで押さえるのがおすすめです。

日焼け止めの種類

f:id:michelangelo2010bj:20171027230534j:plain

日焼け止めの種類は2つあります。

  • 紫外線吸収剤を使用したも
  • 紫外線拡散剤を使用したもの

紫外線吸収剤を使用したものは、肌の上で化学反応を起こすので刺激が強く肌の弱い人にはトラブルを招きやすいことがあります。どちらかと言うとこちらの方が、強い日差しにも日焼けしない効果があります。海に行く時に使用する汗で崩れないタイプは、こちらのタイプが多いです。

紫外線拡散剤を使用したものは、「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」という表示があります。こちらの方は、比較的肌が刺激に弱い人にも使いやすいものになっています。ですが酸化チタンなど金属の粉を含むために、やや乾燥しがちな肌になってしまいます。こちらはレーザー治療後に、医師がすすめることが多いです。

私も数年前レーザーによりシミを除去しました。その後紫外線拡散剤を使用した日焼け止めを使うことを指示されました。レーザー後は紫外線吸収剤入りの方を使うと、そのまま紫外線を肌に取り込んでしまい、シミが濃く定着してしまうからだという説明を受けました。

その後は紫外線拡散剤のタイプのアクセーヌの日焼け止めを愛用しています。こちらは比較的乾燥も少なく、また肌の色を均一に滑らかに見せてくれるのが特徴です。

日焼け止めをしやすい時期

f:id:michelangelo2010bj:20171027230509j:plain

生理前や妊娠中は、ホルモンの影響でシミができやすくなってしまいます。その時期は特に念入りな日焼け止め対策が必要です。

また肌がどうしても日焼け止めを塗ってかぶれてしうという人は、パウダーファンデーションを厚塗りし、帽子やサングラス などを使用して日焼け止め対策をしっかりと行いましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク