乾燥肌の【ファンデーション・日焼け止めの選び方】

f:id:michelangelo2010bj:20171015222533j:plain

乾燥肌の日焼け止め対策って難しいですよね・

カサカサと乾燥した肌に、日焼け止めを塗るのは抵抗がありますよね・・

ですが日焼けしてしまうと、次は乾燥肌の悩みにシミ・しわ・たるみの悩みまで加わってしまうのです。

乾燥肌の人のUVケアを紹介します

f:id:michelangelo2010bj:20171015223312j:plain

紫外線をあびると肌は老化する

紫外線は肌を確実に老化させます。紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとしてメラニン色素を作り出します。そしてそれがうまく排泄されないと、シミの原因なってしまいます。

そして紫外線は真皮にまで到達して、肌の弾力を保っているコラーゲンをも傷つけてしまうのです。 それがしわやたるみの原因になるのです。

紫外線によるダメージは日々蓄積され、ある日突然シミやしわとなって急に現れてしまいます。現れた時には、長い時間と費用をかけて対処しないと解決しません。

紫外線対策をしているかしていないかで、5年後10年後の肌は大きく変わってしまうのです。

日焼け止めの注意点

紫外線にはA波とB波があります。日焼け止め化粧品の表示には

  • 紫外線A 波のカット効果を示すPA
  • 紫外線B波のカット効果を表すSPF

があるので、両方必ずチェックしましょう。

またSPF・PA数値が高いものやウォータープルーフのものは、肌への負担が大変大きくかかるので乾燥肌の人は特に注意が必要です。

乾燥肌や敏感肌の場合は、日焼け止め化粧品に入っている「紫外線吸収剤」が肌にとってダメージになります。

紫外線吸収剤とは紫外線を肌の上で反射させる物質のことです。それには金属を酸化させた粉などが用いられているのです。

この「紫外線吸収剤」を含まないものを選ぶのがポイントです。

  • 紫外線吸収剤不使用
  • 紫外線吸収剤フリー
  • ノンケミカル

このように表示されています。

またこのノンケミカルタイプのものは、クリームタイプや乳液タイプのものが主です。

スポンサーリンク




乾燥肌の効果的な日焼け止めの塗り方

日焼け止め化粧品の効果は、塗る量が少ないと効果が下がってしまいます。量が多いとべたついて嫌という人は、つい少ない量を使ってしまいます。

その場合は頬骨のあたりだけ少し厚めに塗るか、頬骨のところを2度塗りをしましょう。紫外線によるシミは頬骨あたりから出来始めることが多いからです。

パウダーファンデーションを使う

f:id:michelangelo2010bj:20171015223527j:plain

紫外線をよりカットするには、日焼け止め化粧品の上にパウダーファンデーションを使用しましょう。パウダーファンデーションは、紫外線撹乱剤と成分が似ているからです。

乾燥肌の人は、パウダーファンデーションを使用すると肌が乾燥すると考える人が多いです。

確かにパウダーファンデーションは、皮脂や水分をいくらか吸収します。ですがリキッドやクリームタイプのファンデーションは界面活性剤を使っているほか、水分を含んでいるので防腐剤もたっぷり入っているのです。

いっぽうパウダーファンデーションは、添加物が少なくアレルギーを起こす恐れも少ないものが多いのです。

またメイクを落とす時も、リキッドファンデーションやクリームタイプの方がぴたっと肌に密着しているので落としにくく、クレンジングの負担がかかりやすいのです。

肌の調子が良くない時もあるでしょう。その時は、パウダーファンデーションよりも刺激が少ないルースパウダーを使用するのをお勧めします。

そして何よりも大切なのは、UVケアの前にしっかりと保湿することです。

日焼け止めは外に出なくても塗らなくてはならない

曇りや雨の日でも塗る

紫外線は、雲を通過して肌にダメージを与えるのです。たとえ曇っていても紫外線対策をしっかりしましょう。

洋服を着ていても日焼けする

また洋服の上からでも、紫外線は肌に届きます。 UV加工されたカーディガンやストールなどを羽織ると効果があります。

室内でも

室内にいても紫外線A波はガラスを通過します。室内の窓際・電車の中・車の中には特に注意が必要です。

少し外に出る

またちょっと近所に買い物・少し洗濯物を干すだけ・・この間だけでも紫外線のダメージを受けシミの原因になってしまいます。

乾燥肌の日焼け止めは肌の負担のない方法で

f:id:michelangelo2010bj:20171015200205j:plain

乾燥肌の人は、日焼け止めを塗るとどうしても肌をさらに乾燥させてしまうと考えてしまいます。ですがUV対策をしっかりしておかないと、10年後にははっきりとそのツケはやってくるでしょう。今から10年後の美肌に備えて、紫外線を浴びない肌を作っていきましょう!

スポンサーリンク